Amakasu House
アマカスハウス

  • LIVING ENVIRONMENTS

街を歩いていると、土地と人間とが一体となってしまったような「いい家」に出会うことがある。建築とそこで行われる暮らしが一体のグルーヴ感を持つような状態を設計することは可能なのだろうか。

最初の打合せで、建主であるアマカス夫妻から出た要望は「窓のない倉庫のような家」に住みたいということだった。夫のリョウさんは音楽のエンジニアで、今はシステムエンジニアとして会社勤めをしている。家で音楽の仕事もするので、可能ならば音楽スタジオをつくりたいという希望があった。妻のユリさんは舞台美術家で、仕事がらものすごい物量のアイテムをもっているのと、家で塗装や製作を深夜まで行うことが多いので、人目を気にせず作業ができるようにしたいという希望があり、倉庫という言葉に繋がった。窓のないというのは不思議なリクエストだったので聞いてみると、徹夜で製作することも多いので、近所迷惑を避けるのと、朝日で目が覚めないようにしたいということであった。

倉庫のような家に住みたいという話を聞いて、古い記憶が蘇ってきた。それは私の父の実家の記憶だ。父の実家は、神戸の長田で運送屋を営んでいたのだが、もともと産業長屋だったものを、家であり会社であり倉庫に改造した家で、運送屋だったからモノに溢れていて、まさに倉庫に暮らすという感じだった。

倉庫のような家に住むことの面白さとして、玄関が必要なくなるというのがある。正確にいうと仮に玄関があったとしても、倉庫の搬入口が大きいので、まずそれが玄関のようになってしまうのだ。ユリさんがこだわり続けたのは、搬入口にハイエースがいかにスムーズに横づけできるかということだったので、アマカスハウスには当然ながら玄関はなく、搬入口が玄関を兼ねる。搬入口や勝手口のほかに、2階のテラスの窓も玄関のような感じで、来客があったり、客が帰る時には家のあちこちが開いて会話やジェスチャーが生まれる。倉庫のような家は、空間的には閉じているのに、玄関が無いことで昔の縁側から入る家のようにどこか開かれている。

設計して引き渡した状態が完成形ではなく、暮らしが空間を乗り越え、どんどん応答的に変わっていく「完成しないデザイン」を試みた。

そのためにまず「添え木つきの軸架構」という構造システムを考えた。これは、柱梁でできたグリッドの架構に対して、斜めの添え木を応答的に加算したものだ。添え木は、手づくりの免震システムとも言えるスマートなアイデアでもあり、構造家の佐藤淳さんとの対話から生まれた。

構造システムが示すように、ある合理がつくる形に対して、次の合理の形を重ねる。この住宅はそうした加算的な合理でできている。舞台セットの植木鉢を沢山育てられるようにできる限り大きなテラスをつくり、そのテラスは、搬入口の庇にもなる。3層目の足場は、余った角材を並べて釘で固定しただけのものであり、現場での加算的なアイデアだ。階段の詳細は、大工さんが「添え木つきの軸架構」を見て思い付き、モックアップをつくってくれて採用となった。

このようなに設計者と施工者と建主が、互いの工作的な精神を刺激しあっていった。竣工を迎えるころには、ひとつのプロジェクトという感じになっていった。訪ねていく度に、新しいアイデアを思い付き、庭をつくったり、ベンチをつくったりと、どんどんと暮らしと空間の形が変容し続けている。

As you walk around the city you occasionally come across a ‘good house’, a place where you can feel that the land, structure and people are all united. Is it possible to design a set of conditions in which the architecture of a house and the lifestyle it’s occupants can develop a sense of unity over time?

From our initial discussions for building Amakasu House, we were surprised to be given the request of ‘a house like a warehouse, with no windows.’ Ryo works as an engineer and makes music from home and Yuri is a stage designer who is often up late painting and crafting things. It was a house where work-life would play a big part, and the idea of living in a warehouse was attractive as to the flexible, durable shelter it would provide for working freely at any time.

One of the fun things about living in a house like a warehouse is that you don’t need a front door. To be more precise, a front door is formed from a different set of conditions, defined by the scale and rhythm of moving goods in and out. So at Amakasu house, the typical Japanese genkan is replaced by a sliding industrial-like door, which disrupts the usual relationship between private dwelling and the city outside. To counter this move, we focused on expanding the terrace and 2F openings, in a way transplanting the function of the genkan upstairs. The ground floor can then be spatially closed off from the outside, a windowless work space at the street level while the 2F opens up, the terrace forming a threshold that links the social space of the house with the street and the city outside.

Throughout the project we were consistently aiming for a design that was never finished, a responsive architecture where lifestyle and activity is at the foreground of space and structure, in a house that would change steadily over time. With this in mind we designed a structural system that would enliven the character of the space without overwhelming the compact interior. The ‘shaft frame with splints’ system, born from a dialogue with structural engineer Atsushi Sato, is based on adding a leaf of diagonal braces to a simple post and beam. The splints brace the structure and provide a handmade, human scale solution for earthquake resistance.

The design of this house became a process, where each new iteration is a response that forms the accumulation of additive rationalities. In this way the designer, the builder and the owner stimulated each other’s craft spirit, while working together to create this process. Each time we visit the house we come up with new ideas and continue our work: creating gardens, building benches and designing with time, so that the shape of life and the presence of architecture all continue to change within the flow of the everyday.

設計|藤原徹平/フジワラテッペイアーキテクツラボ(担当:中村駿太、賴靖森、山本梨紗、稲田 玲奈(バスガーデン))
所在地|東京都豊島区
構造|木造
規模|地上3階

建築面積|39.71㎡
延床面積|88.82㎡

設計期間|2018年7月~2019年12月
施工期間|2020年2月~2020年8月

掲載誌
新建築住宅特集 2021年1月号

写真クレジット
Yurika Kono、大石隼人、FUJIWALABO(詳細は各写真拡大画面に記載)