ABOUT

フジワラテッペイアーキテクツラボは、2009年に建築家・藤原徹平が、個のアクションから次の社会の在り方を構築していく実験の場として立ち上げ、2012年に法人化しました。
建築家である前に、人間的であること。日々、自分たちの暮らしの足元を探求しながらプロジェクトを進めています。

住宅、集合住宅、専門学校、高校、大学、地域福祉施設、劇場、図書館、オフィス、店舗、レストラン、旅館、駅舎、農場、新しい村づくり、地域芸術祭など多様なプロジェクトを進めてきています。扱う問題は、家族の居場所から公共空間の再編、産業のブランディングまで幅広いですが、人間の問題として考えていくと問題の根源は同じだと言えます。
プロジェクトの場所も、田舎から、都市部の再生まで大きなコントラストがありますが、地域のバランスがくずれ、根本的な再生が必要であるということでは、これも同じ問題を抱えています。

  • 構想にふさわしい土地を探し、土地の歴史を調べていくこと。
  • 産業の在り方を考え、地域の文化的景観をリサーチすること。
  • 地域の教育や文化についてアクションしていくこと。
  • 子供たちの社会の居場所を考えること。
  • 都市計画を改変し、開発設計や基本構想から設計すること。

フジワラボには、建築家だけでなく、設備エンジニア、ランドスケープデザイナー、ワークショップデザイナー、編集者、リサーチャー、学芸員、音楽家など多様なスキルや興味を持ったメンバーが参加しています。
私たちは、プロジェクト一つ一つの背景をよく考え、限られた予算や資源を創造的に活用することを提案し、プロジェクトを共に育てていきたいと考えています。

FUJIWALABO is an interdisciplinary architecture studio established in Tokyo in 2009 by architect Teppei Fujiwara.
At FUJIWALABO we are inspired by what it means to be human, and we are striving every day to create an architecture that is integrated within the ever-flowing world around us. In each project we are confronted by the need to positively contribute to the built world, and our social environments.
Our office is a family of individuals. We are architects, engineers, landscape designers, researchers, editors, curators and musicians, all working together in constant collaboration.
We are motivated to take on projects with careful consideration, develop new insights through a commitment to research, and make creative use of available resources: to grow projects together within a community.

対話から設計する

私たちは、対話を起点として設計をしていきます。
なぜ建築を建てる必要があるか? つくろうと思っている場のイメージや、その動機になっている考え方について対話を重ね、土地を一緒に歩き、プロジェクトに眠っている可能性を掘り起こし、磨き上げながら設計していきます。

From Dialogue to Design

Conversation as a starting point. Listening to the voices of history, people and landscape to build a responsive kind of architecture.

生きた環境を作る

使い込まれた道具は、素朴でも美しく見えます。
暮らしの変化に寄り添い、長く愛されながら使われる建築をつくりたいと考えています。日々の暮らしを豊かにするだけでなく、世代を越えて記憶の場として受け継がれていくような美しさを探求していきます。

Living Environments

A living architecture that creates new territories. Building environments to support an integrated way of life and homes that enrich our daily lives.

産業と社会のかたちをデザインする

私たちは、地域の産業と社会を、建築から創造的に支えていきます。
私たちの生きる時代がどんな文化的景観を残していくことができるのか。働くことと暮らすことのバランスがそれぞれの地域で崩れてしまっていることで、多くの問題が起きています。建築や空間をつくるだけでなく、その背景の問題からきちんと考えていくことが重要だと考えています。例え住宅であっても、地域のメンバーとしてどのような住宅をつくるのかを考える必要があります。

Social Landscapes

Designing the nature of industry and our society. An architecture ingrained into our cultural landscape that can help to enable communities and transform our public.

文化的なチャレンジをサポートする

私たちは、文化を空間として形にしていきます。
建築は芸術のひとつです。しかも集団で、時間をかけて、社会の中に空間としてつくるという面白い芸術です。展覧会や芸術祭、ワークショップというような期間が限られたプロジェクトにおいても、建築的にアプローチすることで、チームメンバー、クライアント、施工者全員が考えていることを形とし、社会の中での新しい文化の種をつくっていきたいと考えています。

Cultural Actions

Shaping culture as a space. Utilizing architecture as a tool to design actions within the arts that support new relationships of exchange over time.

家具から大地まで

私たちは、家具から大地までさまざまなスケールのデザインを扱います。
人間の身を置く小さな場所から、大地までをデザインの対象として扱います。素敵な家具を手入れの行き届いた雑木林におけば、それだけで最高の空間になるかもしれない。山や森をどう活かすのか、そこから建築を考えていきたいと思っています。

From Furniture to the Land

From a small bench to a rice field. Architecture that transitions within the scales of the built environment to create design that is open and accessible to all.

PEOPLE

藤原 徹平
藤原 沙良

Architecture

大屋 康幸、中村 駿太、 川見 拓也、 平野 優太、 賴靖森、
武田 まりの、浜本 雄也、荒野 颯飛、Patrick Wheare、
宇田 政仁、吉田 野土香、松村 拓哉、恩田 福子、
久保田 匠慶、久米 雄志、馬場 涼子、上原佳広

Landscape

稲田 玲奈

Curation

石丸 郁乃

Admin

工藤 貴子

Former Staff

岡 真由美, 伊東 鷹介、井上 湖奈美、大和田栄一郎、
乙川 佳奈子、 渡辺 瑞帆、稲岡 寛之、高藤 万葉、
山本 梨紗、小金丸 信光、岩井 一也、周 懿行、
堀江 優太、矢矧 杏以彌、柳 圭祐、寺内 玲、浜辺 育代